製品情報

ホーム > 製品情報 > ラベル&パッケージ印刷機 > TLC SERIES> TLC-250・250-8C

TLC-250・250-8C

TLC SERIES

センタードラム式ラベル輪転印刷機

高品質・短納期・ローコストという時代のニーズに応え、スピードと精度を両立させた高性能機です。

サテライト型(センタードラム型)印刷部とスタック型印刷部の組合せで、最大12色〜14色までの多色印刷に対応。両面印刷、糊面印刷、フレキソニス印刷、ロータリーシルクスクリーン印刷と、各種様々な印刷実績を持ち、最近のラベル印刷の多様化に対応できるすぐれた機能を持っています。

仕様

拡大する

最大紙巾:250mm
最大印刷巾:240mm
最大給紙径:φ800mm
最大巻取径:φ800mm
最大カス巻径:φ800mm
印刷
版胴円周:193.675mm〜457.2mm
     (7-5/8""〜18"")
ピッチ:3.175mm(1/8"")
ロータリーダイカット
加工巾:236mm
円周:193.675mm〜457.2mm
   (7-5/8""〜18"")
平抜き
加工左右巾:254mm
加工天地巾:200mm
送り範囲:82.55mm〜206.38mm
     (3-1/4""〜8-1/8"")
ピッチ:1.59mm(1/16"")
最高ライン速度
ロータリーダイカット:120m/min.
平抜き:80m/min.(8“送り)

TLC-250-8C(新型8色ドラムタイプ)

多色ニーズにお応えして登場!φ1600mmのセンタードラムに8色を搭載しました。

凸版印刷装置(TLC共通装置)

インキ壷が簡単に着脱できる構造になっており、ゴムロールの洗浄も個別に行なうことができます。これによって、段取りと生産の分業化が可能になります。2重構造の版胴軸は、印刷の天地/左右見当調整を全て操作側で行なえるようにしています。※TLC-170は壺ロールも一緒に取り外し可能。

平型抜き装置(TLC共通装置)

抜群の精度を誇る平型抜き加工では、高速性および安定性の面で高く評価されております。特に刃型が下刃になる方式は当社が独自に開発したもので、精度・スピード・使い勝手ともに、優れた性能を誇っています。

ロータリーダイカット装置(TLC共通装置)

■TLC-170:ダイロール装着が安全で簡単な新開発の横出し方式を標準採用。セット時間の短縮を実現しました。機械巾が狭いので、ダイロールを小口径にでき、取扱いもラクラク。
■TLC-250/TLC-350/TLC-400:最大3基のカセットを装備することが可能(TLC-170は1基)。ロールの取出しを簡単にする横出し式、クレーンもオプションにてご用意。